Ruby on Railsの学習方法を調査!独学か?スクールか?

Ruby on Railsの学習方法を調査!独学か?スクールか?

1995年に「まつもとゆきひろ」氏が開発したプログラミング言語Ruby。短いコードでもプログラムを書けるために初心者から上級者まで人気の高いプログラミング言語です。

このRubyを使ったフレームワークが「Runy on Rails」。2004年にデイヴィッドハイネマイヤー・ハンソン氏によって開発されました。Railsが作られたことで、簡単にWebアプリケーションが作成できるようになり、今では数多くのスタートアップ企業や自社開発系の企業で使われています。

Ruby on Railsを使ったサービスは?

Ruby on Railsを使ったサービスには次のようなものがあります。

・クックパッド
・食べログ
・Gunosy
・Airb&b
・Twitter
・価格コム

Webで超有名なサービスがRuby on Railsを使って作られていることが分かりますね。

RubyはRailsの登場によって開発効率がとてもよくなっています。入力の手間も大きく削減され、効率がアップしたおかげで開発コストも抑えることができるのです。
こうした点から、Ruby on Railsは多くの企業で使われ、人気サービスを支えるプログラムとなっているのですね。

主に、Webサイトの制作、SNS、EC(通販)サイト、Webのスクレイピング、業務システム開発などで使われることが多いのがRuby on Railsです。

Ruby on Railsを習得するメリット

Ruby on Railsは初心者でも習得しやすい

Ruby on Railsは文法が比較的分かりやすく初心者でも取り組みやすいのが特徴です。また、開発者が多いため、プログラミング言語としても常に進化を続けています。

コードが短く簡単

Ruby on Railsでは「DRY(Don’t Repeat Yourself)」という原則があります。これは、自分が一度行ったことは繰り返さないというもの。つまり、同じコードを繰り返し何度も書くことがないように運用していくのです。その結果、Ruby on Railsでは短く簡潔で効率のよいコードでサービスを開発していくことになるのです。

さらに、「CoC(Convention over Configuration)=規約は設定に勝る」という思想のもと、すべての工程が作られていくのもRuby on Railsの特徴。たとえば、データベース名なども規約に従って設定していくことにより、メンテナンスも大幅に楽になります。徹底的に効率を重視した作りになっているのです。

Webアプリケーション開発現場で多く使われている

上にも挙げたように、Ruby on Railsは多くのWebアプリケーションサービスで使われていて、これからも開発現場では需要が大きいと考えられます。

特に、迅速な開発が必要となるスタートアップでは、シンプルかつ柔軟なコードで開発できるRuby on Railsが重用され続けるでしょう。スピード感ある開発には必須と言えます。

Ruby on Railsのデメリットは?

Ruby on Railsでは多くのサービスが作られていて、特にスピード感あるサービス開発には向いていることが分かりました。

ただ、その一方でRuby on Railsではできない or 得意ではないこともあります。
Ruby on Railsのデメリットも踏まえたうえで、自分が携わりたい案件やサービスに向いているかどうか考えてみてください。

スマホアプリの開発は難しい

Ruby on RailsはWeb系のサービス開発のためのもの。スマホアプリの開発もできないわけではありませんが、Swiftなどスマホアプリで主に使われている言語と比べると使い勝手はよくありません
スマホアプリの開発をメインで行いたい人は、Ruby on RailsよりもSwiftなどを主に学んだほうがいいでしょう。

AIや機械学習には不向き

AI(人工知能)や機械学習にはRuby on Railsは不向きです。現時点でRuby on Railsを使ったAIや機械学習のプログラムはほとんどなく、実用性も低いと考えられます。

Ruby on Railsの学習方法

Rubyは日本人が開発したプログラム言語ということもあって、日本語の教材なども比較的充実しています。

Ruby on Railsを習得するためには、独学で勉強するか、プログラミングスクールで学習するかの2つの方法があります。

独学で学ぶ

Ruby on Railsを独学で学ぶ場合には、まずは「Progate」で基本文法を学習するようにしましょう。

Ruby on Railsコース: https://prog-8.com/courses/rails

Progateは月額1,000円程度で利用でき、使いやすい学習サービスなのでおすすめです。

できれば、RailsだけでなくHTML&CSS、JavaScript、Sass、SQL、CommandLine、Gitなどの基礎も学んでおくといいでしょう。

Rubyの基礎文法を学んだら、書籍を使って実践しながらアウトプットをして課題をこなしていきます。

書籍は「現場で使えるRuby on Rails 5 速習実践ガイド」などがおすすめ。

入門教材で一通りの知識と基礎技術が身についたら、発展の課題をこなしていきます。

「Ruby on Railsチュートリアル」を使って、実例でRailsを学んでいくのがいいでしょう。

独学でやるにはかなり難易度は高いのですが、このチュートリアルをすべて完了できればTwitterのようなアプリを作ることができるようになります。

また、Gitを使って開発を行うので、Gitでのバージョン管理もできるようになります。

ここまで独学でできたら確実にRuby on Railsのスキルは身についているのですが、実際の現場で仕事ができるレベルかというとまだまだ足りません。

・Gitをより高度に使いこなす
・オリジナルアプリを一から実装する
・読みやすいコードを書けるようにする

など、現場レベルで通用するスキルを身につけるためには、より深い知識と高い技術力をつけていかなければいけません。

このあたりは完全に一人で行うのは難しいので、現役のエンジニアからコードレビューをしてもらったり、短期間だけスクールに通って最後の仕上げだけ行うというのもアリでしょう。

プログラミングスクールで学ぶ

効率よくRuby on Railsのスキルを実践レベルまでつけたいのであれば、プログラミングスクールで学ぶのがおすすめです。
特にプログラム未経験者は独学で完全に正しい知識や技術を身につけるのは難しいので、カリキュラムに沿ってプロが指導してくれるスクールで学習した方がいいでしょう。

また、Ruby on Railsを使ってWebエンジニアとして就職したいと考えているなら、就職サポートについてもしっかりチェックしておいてください。

特に、Ruby on Railsはスタートアップなどの自社開発企業で使われているので、そういったところへの就職を見据えてスクール選びをすることも大事です。

Ruby on Railsを学べるプログラミングスクール

・RUNTEQ
・DIVE INTO CODE
・POTEPAN CAMP
・CODE CAMP
・TECH ACADEMY

中でも、RUNTEQはRuby on Railsに特化したオンラインスクールで、初心者からでも開発現場レベルの実力がつく「本気」のスクールとして有名です。

Ruby on Railsに特化していますが、Webの基礎であるHTML&CSSやJavaScript、SQLの基礎などもしっかり学んでからRubyやRailsについて実践していけるので、プログラミング知識がまったくない初心者でも安心して受講できます。

課題は難しく、自分で考えて課題を解決していく力がつくので、カリキュラムを修了するころにはかなりの実力がつくと評判です。

本気でWebエンジニア就職を目指したい人は、RUNTEQで徹底的にスキルと自走力をつけるのがおすすめです。

RUNTEQ(ランテック)の評判や詳しい情報はこちらのサイトが参考になりました。

RUNTEQ(ランテック)本音の評判!特徴やデメリットを詳しく解説

教材どおりのサンプルのアプリを作れるだけでは不十分

最終的には、Ruby on Railsを使ってオリジナルのアプリを作れるレベルまでならないとWebエンジニアとして就職するのは難しいと考えた方がいいです。
さらに、作成したアプリがきちんと動くのか、エラーは出ないか確認するための「テストコード」まで書けるようになると有利。仕様変更にも対応できるので、現場で即戦力になる実力を持っていると評価されやすくなります。